8月31日 土曜日 晴時々曇

6時 久々の朝日です。
190831-0605-800

 
でも山裾には湿気が纏わりついていますね。
190831-0620-800


朝食 7:50 

190831-0750

クルミパン+水抜きカスピ海ヨーグルト+ビワのコンポート
冷たい牛乳
ワンプレート
(茹でキャベツ、きゅうり、トマト、焼き豚)

明日から9月です。
朝食後、台所の片付けをするついでにカレンダーも8月を破って9月に更新しました。
すると、7日土曜日の欄に、授業2回目の印が付いています。
「あれっ、一回目はいつだったかしら?」
なんと今日ではありませんか!!
うわ〜、すっかり忘れていました。
これはいけない。慌てて外に出られるモードの切り替えなくてはいけません。
昨夜は、髪も洗わず寝たので、嵐の後のヤマアラシのような髪の毛です。

頭を洗って化粧をして、寝巻から外を歩ける服装にと、女性は(あえて年寄りとは言わないでおきましょう)変身に時間がかかるのでした。


昼食 12:00

190831-1200

ご飯になめこの佃煮
タクアン
ワンプレート
(残り物尽くし、トンカツ、コンニャクのカツオ煮、キャベツ、炒め野菜残り)

お天気はまた愚図つきそうです。
最寄りの駅まで行って気付きました。
「ICOCAカードの残高が少なくなってたんだ。チャージしなくては!」

自販機の前に行くと、カードの差し込み口が見当たりません。
あれっ、札入れの上か下に投入口があったのに。

我知らず叫んでいました 
「分からん!」と・・・

すると横にいた、小学4年生ぐらいの男に子が、黙って人差し指を伸ばしました。
その先には・・・

190831-1300

機械が変わっていて、差し込む形式ではなく置くだけになっていたのです。

これだけ大きく書いてあるのに、なぜ分からなかったのでしょう。

それが年寄りの思い込みというものなのです。

高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違える。
もっともなことだと、我が身で実感したのでした。

授業は、やっぱり難しく、でも楽しかったです。



夕食 19:35
190831-1935


厚揚げとツルムラサキのジャコ煮
焼きナス 
水ダコの刺身 
低糖質缶チューハイ
 
 なんとか暑い今年の夏も生き延びたようです。