雨の日も晴れの日も、人は一日に三回食べなくてはいけない。

そうは言っても、昔々は、人は日に二食が普通であったとか、宗教によっては、食を抜く期間もあるでしょう。
若い人だったら、食べるより眠りをとる方も多いのかもしれません。

私は、明治生まれの両親のもとで育った団塊世代です。
一日3回、貧しいながら、朝は7時、昼は12時、夜も7時という食事のパターンで成長しました。

NHKの朝7時のニュースが、朝食で、夜7時のニュースが夜ご飯でした。
そのせいか、今でも外食は苦手です。

外食が苦手な第2の理由。
以前、胃癌の手術をして2/3を切り取ったあるので、外食の場合、完食が難しいのです。
性格がケチに出来ている私としては、「勿体無い」という気持ちが先に立ちます。
食物を残すに忍びないのです。

外食が苦手、第3の理由。
血糖値が高いのです。外食をすると、どうしても過剰な糖分を摂取してしまいます。

2017年4月に内科診療所時で、糖尿病の薬を開始するよう勧められました。
ヘモグロビンA1C   が7.4である。
この数値は、薬を使用して抑えなくてはいけない危険値に入っている。

その時、はっきりお断りしたのです。
「薬はいりません。運動と食事で自分でコントロールできなければ死んでもいいです」

お医者様は、カンカンに怒りました。
「貴方の申し出で薬を投与しなかったとカルテに書いておきます」と・・・

その翌日から、食事と食習慣を変えることにしました。
その後の経過は
5月 7.0、6月7.0 、7月 7.2、8月 6.7 9月〜11月 6.7、12月 6.4、
横並びの日々が続き、2019年8月 6.2まで下がりました。

しかし、ここ二ヶ月は 6・4 で止まっています。

そして、気力も「 もうここらで良いだろう!」モードに入ってきています。

ここで、収まっていてはいけない。
目標6.0〜6.2 を維持するために、食事記録を残していきたいと思います。



私の好きな高田郁さんの「みおつくし料理帖」シリーズに

食は、天の人なり
という言葉が、再々出てきます。

食事は、人間を形作る基本であり、おろそかにしてはいけない。
私も、全く同感です。

料理だけではなく、生活を自然なリズムに乗せることも大切なのだと思います。


でも、私は生まれながらの不器用さと、田舎の味覚が土台で、洒落た洋風料理は全く作れません。

livedoorブログで。この12月から食事の記録と、心覚えを残していこうと思います。

以前のご飯日記の記録は下記でどうぞ。

https://lacbiwa.exblog.jp/i5/