5月28日 木曜日 快晴

朝食 7時


200528-0710

天然酵母パン+水抜きカスピ海ヨーグルト
かフォレ、煎茶
ワンプレート
(フリルレタス、トマト、酢漬け野菜、薄切りハム)


昨日歩きすぎました。
左太腿の前側がバンバンに張り、膝も足首も腰もギシギシと音を立てる感じです。

この失敗の原因の一つは靴だと反省しています。
ついそこまでのつもりで家を出たので、爪先が余るブカブカのモード履を履いて出たのでした。
足裏に当たる感じは柔らかで楽だったのですが、後ろがやや高めでした。
重心のかかり方が前になり、右脚前部で支えることのなったからだと推測するのでした。


今日は大人しく、部屋の中をそろりと動くしかないです。

それにしても、外は快晴です。
沖ノ島の向こうに伊吹山が見えています。
そして、島の手前にはヨットの白い帆が見えてます。

世の中には余裕のある人もいるんですね〜

マンション回収工事の外囲いももう少しだけ、「そうだ布団を干そう!」


200528-1100


家にいても、結構することいっぱい有ります。

画像の整理や加工、先週の授業の聞き直しもしてしまわなくてはと気が焦ります。

昼食 13時

200528-1300


納豆ご飯、
酢漬け野菜と太ちくわ
新海苔、タクアン

最近では、世界的に納豆効果が取り沙汰されているようです。
なぜ日本ではコロナ感染者、そして死亡者が少ないのか?

その原因は納豆を食べているからだって・・・
人によって嗜好の違いがあります、日本人だからって全員が納豆を食べてませんよねえ〜

私は特に好きというほどでもありません。
が、血糖値を上げないため、少量の雑穀ご飯プラス納豆を食べると、体にも良いし財布にも良いですからね。

午後は、昨日借りてきた「ケルトの白馬」を読了しました。

イギリスの丘陵に空を駆け抜けるような馬の姿がくっきりと描かれるのです。

200528-1400

紀元前5世紀ぐらいの作品だそうですが、すごくモダンなデザインですね。
イギリス、バークシャー地方に旅すれば今も見ることが出来るのですが、私がそれを目にすることはないでしょうね。

2千年以上前から、人間は自分の群れ、仲間、同胞、国に対する感性はさほど変わっていないのだという思いを深くしました。

自分の身を捧げ、命を捨てても護りたいものがある。

それがどうしてなのかは、どこから来るのか私にはわかりませんが、私たちはそれを知り共有することで、絆や文明を作ってきたのだなあと感じるのです。

その一方、愚かな殺し合い、奪い合いも、未だ続いていますがね。


夕方が近づき、外を少し歩こうか、いや足が痛いので、プールで歩き泳ごうか?
悩んで水着に着替えたのです。
さあ出かけようというところで、懐かしい友達から電話がかかってきたのです。
彼女とは、数年に1、2回ほど電話で話をするという関係で繋がっているのですが、絶対的な信頼感をお互いに持っています。
若き日に出会った時から、本音で話し合える付き合いで、思い返せば、もう40年かあ〜
若いと思っていたけれど、5歳下の彼女も高齢者となっていました。

「娘とずっと遊んでいたんだけど、このコロナの事態で、来てくれなくなったのよ。ほれ、仕事にアレをしてるし。アレ、ああ言葉が出てこん!」
確か福祉関係だと聞いていたけどなあ〜と思っていたら
「出てきた、ケースワーカー!」
嬉しいな私と同じ様な感じです。
つまりイメージが浮かんでも言葉が出てこない。

そんなこんなで、1時間近くおしゃべりをしてしまい、プールは行かない事にしました。

夕食 19:10
200528-1910

もちむぎ入りご飯
高野豆腐とヒジキの煮物 
甘塩鮭とレタス。
胡瓜とシラスとワカメの酢の物、タクアン、

高野豆腐をヒジキと炊いたら黒くなるだろうなあと予想してましたが真っ黒になりました。
別々に煮て合わせたら良いのかもですが、面倒だったのでかまへんわ。
にんじん、エリンギ、スイートコーンの残りも入れ、砂糖は使わずラカントで甘み入れました。
三日は食べることになりそうですね。