2月11日 火曜日 晴 建国記念日
 
朝食 7:40
 200211-0740
トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(レタス、茹でモヤシ、ブロッコリー、牛肉とゴボウの炒め煮、ベーコン)

快晴なので、洗濯して9時に早めに干してしまいます。
北の窓からの快晴の雪山が見えます。
それを眺めながら、東の窓から入る日差しの中でのんびりとしばし過ごしました。
 200211-1000
そうだ、この天気が良い間に図書館に行っておこうと昼前から出かけたのです。
休館日ではとの意識がチラッと頭をかすめたのですが、すぐ忘れてしまい、そのまま出てしまいました。
海馬の記憶機能が どんどん低下して絵いるのですね。
 
はあい、到着したら、地域文化センター内の図書館は休みでした。

やむなく、外壁に取り付けてある返却ポストに投函です。
図書館は休みでも、センターのロビーには入る事ができます。
 
こんな失敗を防ぐため年間カレンダーを持って帰ろう!
すると図書館の事務室から、年配の男性が出てきて
「なんで入ってきたんですか?」
と詰問口調で話しかけられました。
 
私「本を返しにきたら休みだったので…」
そこで話を切られてしまい「それなら貰います」と手を差し出されました。
話は最後まで聞けと思いましたが、年間カレンダーを手に取って
「カレンダーを頂きたかったんです」と言いながら、そうそうに出てきました。
こんな上から目線の爺さんに出会ったの方久しぶりです。
休日なので、定年後の役職者が急遽駆り出されたのかなと思いました。

嫌な思いは振り捨て、散歩を楽しんで帰宅しました。

梅の花がもう開き切っています。
葦の茂みの先に船を浮かべる釣り人たちが望めます。
水鳥の鳴き交わす声も聞こえるのでした。

200211-1210-700


昔の街の佇まい・・・寺の多い所です。
下は浮御堂
 200211-1220-700

一休寺にちなみ、飛び出し坊やもいろいろです。

200211-1230-700

ご覧のように、我が町は美しいのですよ。

昼食 13:30
 200211-1330
納豆ご飯
酢漬けキャベツとブロッコリーの蕗の薹味噌
メザシ、茹でモヤシ、カニカマ、煮物残りの揚げ
キュウリの麹付

食べると猛烈に眠くなって、14時ごろ、エエイとベットで寝てしまいました。
16時ごろまで眠ってしまったでしょうか。
きっと、8日のおしゃべり会に出かけた疲れが溜まっていたのでしょう。
 
で、泳ぐ気力も出ず、今日のスポジムは、風呂だけです。

夕食 20:00
 200211-2000
もち麦入りご飯
豆腐とつみれと野菜鍋(ダイコン千切り、キャベツ、シメジ)
酢漬けキャベツ
漬物

またもや眠くなり、ドドッと片付けて21時過ぎからベットに入ってしまいました。
朝だと思い目が開くと、まだ23時でした。

短時間の睡眠と覚醒が交互に入ってくる、これが老人性の眠りです。
 
まあ、時の流れのままに身を任せて生きていきましょう。