雨の日も晴れの日も・ごはん日記

雨の日も晴の日も、人は毎日食べて命をつなぐ。 食で糖尿病撃退を目指す、70歳からのごはん日記です。

タグ:図書館

3月17日 火曜日 晴天

朝食 7:10
 200317-0710
トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(ベーコンとレタス玉ねぎ炒め、ミニトマト、茹で卵)

茹でる途中で卵が割れたのか、グチャグチャになってます。

さて、今日から朝のトレーニングは、トイレの便器上り下り10回です。
一昨日の便器に登れなかったショックから脱却を目指します。

何事もアカンと思ったらそれでお終いですから・・・

我が家のベランダは、今週から塗装工事開始です。
昨日は、さあ来いと身構えていましたが、天気が悪く肩透かし。
今日は、9時過ぎから、窓の外に人の出入りがあり、工事開始のようです。

落ち着かないので、図書館まで行ってきました。



 
昼食 14時

 200317-1400
五目弁当と白菜漬け

足が痛くて思うように歩けず、涙目になって帰ってきました。
昼食は、スーパーで買った五目弁当です。
丸麦が炊き込んであったヘルシーでした。 

食後は、疲れと寒さでベットに1時間ほど潜り込んでしまいました。
午後から冷え込んできたのか、テーブル式コタツには足を突っ込んでいても、腕まわりが寒くてなりません。

いつもなら、これでメゲてしまって、スポジムはお風呂だけとなるのが常です。

しかし今日は違いました。
なぜならば、体重がかなり増えている。
それが足の痛みにつながっていると思うからです。

夕ご飯の下拵えだけして、19時半ごろ出かけました。
プールで一人ウオーキングを30分ほどし、いつものパターンで、バタ足500mと連続クロール500mを貫徹しました。
バタ足をしていても両膝痛みます。
クロールで300mを越したところから、左足で意識的に水を打っていたら、400mを越した時点で、脹脛が釣ってしまいました。
しまったと、ウオーキングコースに入って、ここまでにしようか?
否、予定通り行こう!
もう一度やり直して500mは泳ぎ切ることができました。

夕食22時
200317-2200

五目ご飯残り
鳥ミンチボールと白菜菜の煮物
ジャガイモとシメジとアスパラのドリア風
赤ワイングラス1

 
夜のニュースで、報道ステーションだったかしら、恐いものを見ました。

日本では、コロナ騒動でマスクやトイレットペーパーの行列を作るのに心ある人は眉を潜めていました。
が、アメリカ、ロスアンジェルス近郊では品物が違います。
銃を買うために行列ができて、しかも売り切れだそうです。
とりわけ、ヘイトクライムを恐れるアジア系アメリカ人が主体とのニュースを目にしました。

今まで銃を持った事のない人達が、射撃方法を教えてもらいながら購入されているのです。

これ以上、恐怖を拡大して、人間の間に壁を作ってはいけません。

新型コロナよ、一日も早く終息してと願うばかりです。



3月11日 水曜日 降ったり止んだり

目覚めると、クシャミ連発で鼻水が止まりません。
いよいよ花粉の季節開幕、ティッシュの大量消費が始まります。
5個入り2パックは確保していますが、なるべく節約して使おうと思います。
朝は青空で、工事網の囲いから部屋の中まで日差しが届いて嬉しい。
200311-0830

朝食 7:30
 200311-0730
トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(フリルレタス、ミニトマト、茹でブロッコリー、ゆで卵半個と炒め物残り)

9時過ぎ、耳鼻科で薬を出してもらおうと自転車で出かけました。
しばらく乗っていないので、ちょっと運転に自信喪失してます。
自転車は免許返納はありませんが、事故ったらいかんと気を引き締めます。
200311-1000

私が病院に行った時は、順番待ちが二人だけでした。
コロナを用心して来る人が少ないのかなと思って待っていると、後からドンドン人が増えてきました。
いいタイミングで入れたと、ちょっとラッキー気分に…

診察を受け、会計でお金を払って帰ろうとしたら
「お薬を忘れてますよ〜」
う〜ん、こりゃあ自転車より記憶力の方がやばい様です。

 
さあ次は、4キロ程南の図書館まで行かなくてはなりません。
遠回りになっても自転車専用路のある道を選んでいきました。
それが良かったのです。

 200311-1100


歩いて行く時は決して通らないはずの道です。
その川沿いに、満開の桜を見ることができたのでした。
帰りにはまた小雨の時雨模様になり、今日は狐の嫁入り日かなと思った次第です。
桜が咲くには早すぎるけどと気になって、葉っぱも写真に撮っておきました。


借りた本は「感染症の世界史」その他です。
200311-1200

難しそうですねえ〜。
ちゃんと読めるかどうか分かりませんが、このところの騒ぎで、勉強してみようと思ったのでした。
 
昼食 12:20
 200311-1220
納豆ご飯+ゆで卵
豆腐とフリルレタスの清汁
イワシ生姜煮ほうれん草の新海苔巻
漬物盛り合わせ

北から南と今日は10数キロ以上自転車で走り回りましたよ。

もう料理をする気にはなれません。
スポジムの風呂に行ってきて残り物で夕食です。

夕食21:00
 200311-2100
五分づきご飯
野菜とコンニャクと挽肉の卵寄せ
タマ蒟蒻のオカカ煮
イワシの生姜煮とほうれん草のお浸し
漬物


2月18日 火曜日 晴れたり曇ったり時雨もあり
200218-0725

カーテンを引くと雪になっていました。
今冬めずらしい雪景色です。

朝食 7:30
200218-0730

トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(水菜、ミニトマト、焼き豚、ウマイナと揚げの煮物

8時半には、もう青空が見えました。
午前中は、しばらくアップできてなかったご飯ブログをあげてしまいます。

昼食 13時
200218-1300

糖質ゼロ麺のナポリタン風
白菜の漬物

野菜とウインナーと糖質ゼロ麺を炒めてケチャップとオイスターソースを使ってみましたが、味がもう一つです。
まだ、ラーメン風の味にした方がスープも一緒で食べやすいと思います。
だって実際は蒟蒻なんですからね。

15時半ごろから図書館へ向かいました。
思ったほど寒くなく、気持ちよく歩けました。
道の途中で風力とソーラーを組み合わせたミニ自家発電機を見かけました。
200218-1540

銀行なんですけれど、建物の周りに、5、6台設置してありました。
うーん、これはいいアイデアかもと感心して写真を撮ったのでした。
 
一台で一軒の電気を賄うにはかなりの費用が掛かるんでしょうね。
でも、大規模発電より、こう言うものが普及したら環境には良いのかもしれません。
大規模風力発電は、交付金目当てで実際の効果はないに等しいと書いてあるブログもありました。
本当にエコ、CO2削減と同時に原発廃止を可能にするには、どうしたら良いのかと考えさせられます。
まずは、省エネな生活を心がけようと思ってはいるのですが・・・
 
途中で、ポツポツと小雨が落ちてきたりで、変化に富んだお天気でした。

図書館に行って、何を借りようかと本棚を眺めていたら、横を通りかかった男性がニコニコと話しかけてきました。
私の苗字で「〇〇さんと違いますか?」
えーどなたでしょう・・・思い出せません。
 
でも人懐っこい笑顔に見覚えがあるような無いような?

そして分かったのが、なんと、昔の仕事関係のお知り合いでした。
私は、介護、病気、手術などあって、50代前半で早期退職しました。
あれから、かれこれ20年近く経っています。
在職していた当時、職場は違っていましたが、同じ労働組合の会議などで顔を合わせていた事のある人でした。

まあよく私だということをわかってくださった事と感心しました。

姿形もすっかり変わっているだろうと思う昨今ですが、この小さな体型は分かり易いのかもしれませんね。
まだ見分けがつかない程の姿には成り切ってないのだと、ちょっと安心したのでした。
いえいえ、どんな姿になろうと、それも受け入れましょう。
私は私です。
きっと20歳も50歳も100歳も心象風景は同じなのだと思います。


コロコロ変わる今日の天気と借りてきた本です。
200218-1600


夕食 19:30
 200218-1920
エンドウ豆ご飯
豆腐とネギとしめじの味噌汁、
揚げとウマイナの煮物
鶏胸肉とダイコン油焼きアレンジ
白菜漬物

 賞味期限が近いえんどう豆のパックで豆ご飯にしてみました。
しばし豆ご飯の日々が続きそうです。

残り物尽の夕食でした。
 
借りてきた、知野みさきの文庫本「江戸は浅草」を読み出したら、風呂に行くのも面倒になり、家でざっとシャワーを浴びて、ベットに潜り込みました。
 
お風呂が面倒になってきてるのは、まさに老化の一歩前進ですね。

2月11日 火曜日 晴 建国記念日
 
朝食 7:40
 200211-0740
トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(レタス、茹でモヤシ、ブロッコリー、牛肉とゴボウの炒め煮、ベーコン)

快晴なので、洗濯して9時に早めに干してしまいます。
北の窓からの快晴の雪山が見えます。
それを眺めながら、東の窓から入る日差しの中でのんびりとしばし過ごしました。
 200211-1000
そうだ、この天気が良い間に図書館に行っておこうと昼前から出かけたのです。
休館日ではとの意識がチラッと頭をかすめたのですが、すぐ忘れてしまい、そのまま出てしまいました。
海馬の記憶機能が どんどん低下して絵いるのですね。
 
はあい、到着したら、地域文化センター内の図書館は休みでした。

やむなく、外壁に取り付けてある返却ポストに投函です。
図書館は休みでも、センターのロビーには入る事ができます。
 
こんな失敗を防ぐため年間カレンダーを持って帰ろう!
すると図書館の事務室から、年配の男性が出てきて
「なんで入ってきたんですか?」
と詰問口調で話しかけられました。
 
私「本を返しにきたら休みだったので…」
そこで話を切られてしまい「それなら貰います」と手を差し出されました。
話は最後まで聞けと思いましたが、年間カレンダーを手に取って
「カレンダーを頂きたかったんです」と言いながら、そうそうに出てきました。
こんな上から目線の爺さんに出会ったの方久しぶりです。
休日なので、定年後の役職者が急遽駆り出されたのかなと思いました。

嫌な思いは振り捨て、散歩を楽しんで帰宅しました。

梅の花がもう開き切っています。
葦の茂みの先に船を浮かべる釣り人たちが望めます。
水鳥の鳴き交わす声も聞こえるのでした。

200211-1210-700


昔の街の佇まい・・・寺の多い所です。
下は浮御堂
 200211-1220-700

一休寺にちなみ、飛び出し坊やもいろいろです。

200211-1230-700

ご覧のように、我が町は美しいのですよ。

昼食 13:30
 200211-1330
納豆ご飯
酢漬けキャベツとブロッコリーの蕗の薹味噌
メザシ、茹でモヤシ、カニカマ、煮物残りの揚げ
キュウリの麹付

食べると猛烈に眠くなって、14時ごろ、エエイとベットで寝てしまいました。
16時ごろまで眠ってしまったでしょうか。
きっと、8日のおしゃべり会に出かけた疲れが溜まっていたのでしょう。
 
で、泳ぐ気力も出ず、今日のスポジムは、風呂だけです。

夕食 20:00
 200211-2000
もち麦入りご飯
豆腐とつみれと野菜鍋(ダイコン千切り、キャベツ、シメジ)
酢漬けキャベツ
漬物

またもや眠くなり、ドドッと片付けて21時過ぎからベットに入ってしまいました。
朝だと思い目が開くと、まだ23時でした。

短時間の睡眠と覚醒が交互に入ってくる、これが老人性の眠りです。
 
まあ、時の流れのままに身を任せて生きていきましょう。

1月29日  水曜日 曇 のち小雨

朝食 7:30
 200129-0735
トースト1/2 +水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ、煎茶
ワンプレート
(酢漬けキャベツ、茹でブロッコリー、キュウリ、菊芋とニンジンのキンピラ、生ハム)

霧立ちのぼる冬の朝とは異常ですね。
曇なのか霧なのか分かりませんが、山が包まれています。
風はほぼ吹いていません。琵琶湖の北、沖ノ島の先も雲の中です。

 200129-0810

借りていた本の期限日が今日だと気がつきました。
ヤバイ!物忘れがひどくなってます。
お天気が心配ですが、歩いて往復することにしました。
10時すぎ家を出ました。
土日の疲れが取れいていないので、少し歩くと足も痛むし息も切れます。
自転車にするべきだったかと少し後悔しました。
でも、1キロぐらい歩くと痛みがマシになってきます。
浮御堂経由の道を選び、古い茶舗で、近江のお茶を購入しました。
同年輩のご主人です。この店も跡継ぎさんはいないのだろうなあ〜
地域に昔からの商店が残っていると景色が生きてきます。
お茶の好きな私です。時々ここで買わせていただきましょう。
ノロノロと歩いて、11時図書館着。
注文しておいた山本太郎の「僕にもできた国会議員」が届いていたので、それのほかに軽い読み物を4冊借りました。
返すのに持って行った分と、ほぼ同じ重さで、荷物は軽くなっていません。
帰りに食材を買い帰宅。

昼食 12:20
 200129-1220
コンニャク麺で鍋焼くうどん風
キャベツとニンジンの酢漬け

図書館とマッサージローラー
200129-1540

夕方4時ごろ、Amazonから昨日注文したマッサージローラーセットが到着。
開けてみれば、こんなものでした。
長さ45センチ、両端は固定してありますが、真ん中の団子状のワッカがクルクル回ってコリをとるそうです。
黒いボールは、昨日スポジムで使い方を教えてもらったボールと同じです。
紐は・・・セットだったのでついてきたのです。
屈伸などの時に使うのでしょうね、きっと。
さて、私にちゃんと使えますかね?
 
日曜日のハイキング報告をブログにアップするのに、結構時間を食いました。
 
日が暮れて、土鍋に大根を仕込みドタドタっとご飯の用意です。
冷凍庫に合い挽き肉が残っていたので、ミニハンバーグを焼き、20時すぎにスポジムにお風呂だけに行きました。

夕食 21:20
 200129-2120
もち麦入りご飯
大根とエリンギとモロッコ豆の煮物
酢漬けキャベツ、茹で菜花、ミニハンバーグ
すぐきの漬物
 
ハンバーグのつなぎにはオカラパウダーを使いました。


大根を一本買うと、使い切るのがなかなかです。
三分の一ほどを桂むきして、コメの研ぎ汁で下茹でし、あとは土鍋に放り込んで・・・
これでも、まだ 1/3が残っているのです。

頑張ろう!

1月8日  水曜日  曇り、強風

6時起床。外は小雨で地面が濡れています。
朝食 7:30
 200108-0700
トースト1/2 水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ
ワンプレート
(野菜スープ+ウインナー2本、フリルレタス)

ドリップコーヒーを写す方に気が入っていて食事の写真を撮り忘れました。
私は長年、つまり70年の間、コーヒーが美味しいと感じませんでした。
苦いやん・・・それだけでした。
それが去年から、輸入食料品店カルディーで買ってきたドリップコーヒーを牛乳で割って飲むと、結構いけます。
そろそろ大人になってきたのかな?
で、最近は朝カフェはドリップで飲んでいるのでした。

さてこの日、ふと思い立ち、長年の気がかりだった、鍵の非常時置き場を決めました。
一人暮らしの高齢者は、出かけて鍵を紛失する可能性が年毎に高まります。
つまり物忘れがひどくなってきているのです。 
10年以上前ですが、パリに3ヶ月滞在していた時、家主に
「部屋の鍵には皮紐をつけ腰のベルトに結んでおけ」と口を酸っぱくして言われたものです。
もし無くしたら、鍵の取り替えには数万かかるとのことでした。
そのくらいセキュリティーには重要さがあるのでした。
日本でのドア鍵の取り替えは、今でも数千円で済むと思います。
 
以前は近所の友達に鍵を預かって貰ってました。
時代が変わってきて、預かってもらうのが難しくなりました。
責任の伴う事ですので、無理にお願いができませんからね・・・
れ以来、複数の合鍵はあっても家の中にあるだけす。
もし紛失したら、自分の家には入れません。
ホテルにでも泊まって、翌日、業者に頼んで鍵を壊してもらうしかない。
と腹は括っておいたのです。
が、よくあるじゃありませんか、我が家の共通の鍵の置き場。
例えば、庭の植木鉢の底にとか…
そこで、私も置き場を考えました。
フフフ、これなら誰にも発見させることはない場所ですよ。
もちろん、置いた本人が場所を忘れるという可能性も無くはないですがね。
 
 
昼食 13時
 200108-1305
雑煮 (野菜汁残り、餅2個、とろろ昆布)
菊芋とニンジンの和物
大根昆布漬けとタクアン

空は暗い雲が立ち込めて気も重たいのです。
天気予報では昼前後は降らないとの事
なので図書館まで行くことにしました。
行って帰って1万3千歩ほどです。
3時ごろから出かけてると、帰りはちょうど高校生の下校タイムでした。
 
箸が転んでも可笑しい年頃の若者達が、おしゃべりに興じながら歩いています。
中に、友達をオンブして歩いてる子がいました。
アラアラふざけてるのと思ったら、松葉杖の仲間を負ぶってやってるようです。
15歳から18歳、この年頃って、人生の中で一番楽しい時期だよねえ〜
と感慨にふけるマノバアさんなのでした。
 
で、今回借りて来た8冊は、全て
 著者  (アーシュラ・K・ル=グウィン)です。
 
          重たい空と借りてきた本
 200108-1600
ゲド戦記シリーズと その他2冊です。
ああ、これでは勉強などしてる暇はありません。

夕食 18:40
 200108-1840
もち麦入ご飯
煮野菜に菜花添え
キクイモとニンジンの和物
キュウリとシラスの酢の物、刺身盛り合わせ

この刺身は、二人用だと思うのですが なんと半額で149円ですよ。
食べるしかないでしょう!
新鮮で、おいしくいただきました。

12月17日  火曜日 小雨

朝食 7:10
191217-0710

トースト1/2+水抜きカスピ海ヨーグルト
カフェオレ
ワンプレート
( レタス、トマト、薄切りハム、茹で卵、ターサイとツナ炒め、大根煮物)

サボっていた日記を書いて、医療費の領収書を整理しました。
あっという間に一年が過ぎてしまいますね。また年が明けたら確定申告をしばいといけないのか~、いつまでやれるのかと心配になります。


徹子の部屋で今年亡くなった人の追悼をしていました。
48歳の八千草薫さんは娘さんのように可愛らしく見えます。
最後まで気品ある女優さんとして生きたことに悔いはないでしょうね。
人間最後はかくありたいとは思いますが…
それは天運に任せるしかありませんね。

昼食 13:10
191217-1310

糖質ゼロラーメン(鶏胸肉、シメジ、白ネギ、サラダ人参)
つけもの盛り合わせ

食後このままだ眠ってしまいそうなので、小雨中傘をさして出かけました。
191217-1430
目的地は図書館です。
借りていた本を返し、何冊か借りようと思いましたが、ページを開くと、文字が見辛い。
度付き無しの眼鏡をかけていったので、これでは細かい字はまず無理です。
と言うことで、字が大きめの子供向きの本。
集中力を保てる短編か、娯楽本と言うことで選んできました。
年末年始の休館日があるので、返却日は1月14日まで良いそうです。


191217-1800

帰りにシャトレーゼに寄って、低糖質ケーキを買って帰りました。
ソファーに寝そべり、本を読みながらのお茶が私の至福のひと時です。
外はまだ、シトシトと雨が続いています。

スポジムの風呂まで行くのが面倒になってしまいました。
ええい、もうういいわい止めておこう!
これが老化と言うことなんでしょうね。

さて、夕食の準備です。
菊芋を素揚げにしてみました。
カタクリを薄くまぶして真に火が通るまで揚げ、塩と黒胡椒をパラリとふる。
これだけで十分いけます。
それと残り野菜の白菜、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、黄パブリカと、ヨーグルトの汁に二日漬けておいた鶏胸肉トマトホイール缶をぶち込んで一品。
なんと5、6回は食べられそうな量になってしまいました

19:30 夕食
191217-1930

白ごはんに高菜漬けまぶし
菊芋素揚げ
鶏胸肉と野菜のトマト鍋

根性で目薬を忘れず差します。
報道ステーションを見ようとソファーに横になって眠ってしまい、気がつけば11時を回っていました。体が冷えています。

悲惨なニュースを聞きました。
高齢者住宅に住む88歳の女性が、公演で血を流して倒れており、部屋では寝たきりだった70歳の娘もベットで死亡していた。とのニュースです。

公園に88歳母 家には70歳の娘 共に死亡 母が娘を介護

年老いた親の介護でも大変なのに、88歳のお母さんが寝たきりの娘さんを、力尽きるまで看取って限界が来たのです。
本来なら、二人とも公的介護で守られるべき状態であったのに、どうしてなされなかったのだろう!
もうすぐ、これが当たり前の初回が待っている気がします。
医療費は、すぐにも上がりそうですし、手持ちの金がなくなれば、高齢者住宅からも立ち退きを要求されるでしょう。

副総理兼財務相が「お前いつまで生きるつもりだ」と吐き捨てるような発言をする国です。

彼女は国の方針を忖度してしまったのですね。

こんな国は変わらないといけません。
忖度しない。空気を読まない。生きる権利は憲法で保障されているのだから。

れいわ新選組が政権について欲しいと願います。

↑このページのトップヘ